チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

TOP » チャットシステムの業種別導入事例 » 二次流通サービス

二次流通サービス

これまではメールでのやりとりが中心で、そのやりとりに煩わしさを感じたユーザーがWebサイトから離脱しがちだったチケットの二次流通サービス会社。そうした課題を解消すべく導入したチャットシステムが、どのような効果をもたらしたのか見てみましょう。

チャットシステム導入に至るまで

チャットシステムを導入したのは、ユーザーの離脱を防ぎたかったから。これまではメールでのやりとりが主で、返信までの間に支払い期限を過ぎてしまったり、ユーザーが問い合わせしたくてもその方法がわからなかったりするなど問題が少なくなかったため、サービスそのものに不満を抱いている人が少なからずいました。

そこで重視したのが、ユーザーがもっとも時間をかけるサイトの登録時と初回の決済時のサポート。チャットシステムを導入すればユーザーの利便性が高まると考え、運用しはじめました。

チャットシステム導入後の効果

過去には、こちらから本登録用の認証番号を送りながらも「ログインできない」と何度も問い合わせるユーザーがいました。その原因は、認証番号が届いた時点で本登録が完了したと勘違いしていたから。しかし、チャットシステムを導入してからは細かいやりとりを重ねることができ、そうした問題が浮上することはほぼなくなりました。

また、チャット画面でユーザーの動きが表示されるため、どのページにアクセスして、どのような操作をしているのかという動きがすべて目視できるようになったのも大きなポイント。ユーザーの動きを先読みできるし、そうした動きを確認できるからこそ、よりピンポイントで適切な解決策を提案できるようになりました。

チャットシステムについての総評

チャットシステムを導入した効果は、小さくありません。未然に問題を防ぐことができるようになったうえ、ユーザーからの問い合わせの頻度が大きく減りました。サポートの一元化により、業務の大幅な効率化にもつながったようです。

また、ユーザーの悩みを共有できるようになったことでサポートチーム内の意思疎通もスムーズになり、いまや欠かせないツールとなっています。