チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

TOP » チャットサポートシステムの基礎知識 » チャットシステムを自社開発するデメリットとは

チャットシステムを自社開発するデメリットとは

 コールセンターを運営している会社の中には、チャットシステムを自作しようと考えているところもあるかもしれません。確かに、他社のチャットシステムを導入するよりも自作したほうが費用も維持費も節約することができます。しかし、自作してしまうと様々な弊害も起きてしまいます。今回は、チャットシステムを自作することによって起きてしまう弊害についてまとめました。

自作でチャットシステムを作るには

自作でチャットシステムを作るためには、たくさんのコードを読み込ませる必要があります。簡単なチャットシステムの作り方などは、HTMLの本にも記載されているので、簡単なメッセージのやり取りくらいならユーザーと行うことができます。HTMLを扱えるプログラマーや外部のフリーSEなどに頼むと簡単に作ってくれるはずです。

自作チャットシステムの危険性

自作チャットシステムは危険性について。まず、チャットは個人情報をやり取りする場所のため、簡易的なものではセキュリティー面に問題があることが多いです。セキュリティー面をしっかりさせるためには、チャットシステムにより複雑なプログラムを組み込ませる必要がありますが、作成してから実際に利用するまで膨大な時間がかかってしまう可能性があります。また、何百人、何千人とチャットシステムを利用すると今度はCRMの管理が大変になってしまいます。CRMの面をしっかりしておかないと、顧客の管理を一件一件アナログな手段で管理していかなくてはなりません。

チャットシステムを導入する

結論をいうと、チャットシステムは自作するよりも導入するほうが便利であることがわかります。チャットシステムをビジネスの場で使うためには、最低でもCRM機能やセキュリティー面を搭載する必要があるので、より複雑な仕組みを作る必要が出てきます。すると、プログラムを作るために膨大な時間が必要になってしまうので、中々企画が進まなくなってしまいます。

安全な機能を備えたチャットシステムとは…チャットシステム一覧を見る⇒