チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

TOP » チャットサポートシステムの基礎知識

チャットサポートシステムの基礎知識

チャットサポートシステムとは、チャットを使ってユーザーの買い物や問い合わせを手助けするシステムのこと。チャットというと、オンラインでメッセージをやり取りできることが特徴的なコミニュケーションツールですが、この仕組を利用したのがチャットサポートシステムです。ビジネスの場で使うことによって、従来の接客とは一風変わった接客を行うことができます。

チャットサポートシステムの詳しい説明文は以下のリンクをクリックすることによって読むことができます。チャットシステムを導入しようと考えていた方は必ず読んでおくべき項目ばかりです。

チャットシステムの仕組みや接客術とは?

チャットシステムとは、そもそもどういったシステムであるのか解説しています。また、チャットシステムを利用することによってどのようなWEB接客術が使えるのかなどもまとめています。チャットシステムを導入してWEB接客を行いたいと思っている方は必読な項目。

チャットシステムとはどういったものか詳細を見る>>

今までのサポートシステムとの違い

チャットシステムは、電話やメールに代わる新しいツールとして注目されています。従来の連絡方法であった電話やメールなどとどこが違うのか、詳しく見ていきましょう。

電話

チャットシステムは電話にも劣らないスピードで、ユーザーと担当者をつなぐことができるシステムです。

電話での通話は緊張するという人でも、チャットを使えばメールを送るような感覚で気軽に問い合わせができますね。

さまざまなサイトでは「よくある質問」や「Q&A」コーナーを作っていますが、それだけでは問題が解決できない場合も。

そこで、チャットシステムを導入することで、サイトを訪問したユーザーにとっての「知りたい」を素早くキャッチし、その場ですぐに疑問を解決することができます。

チャットサポートシステムでは、ユーザーと担当者が一対一ではなく、複数のユーザーに対応できるようになるため、電話以上の業務の効率化が期待できるのもメリットの一つ。

顧客満足度の向上はもちろん、業務の効率化やサイトへの訪問者の増加にもつなげることも可能です。

メール

メールはユーザーが電話よりも気軽に質問を投げかけられるツールですが、いつ返事が返ってくるか不透明な部分も多く、すぐに回答を得たいユーザーにとっては不安が残ります。

その点、チャットサポートシステムならメールとは格段に違うスピードをもって、すぐに質問したことが回答となって返送。

メールでは一日、二日と待たされる場合もありますが、チャットならサイトを訪れたばかりのユーザーが質問や不安を迅速に解決できるツールとなるのです。

チャットにはプッシュ機能と呼ばれる、リアルタイム通知機能が備わっているため、新規メッセージの到着をその場で担当者に通知。

これにより、担当者は迅速にユーザーの訪問を把握し、質問事項をキャッチして、スピーディに返信できるというわけですね。

また、メールのように定型文や丁寧な表現を盛り込む必要がなく、最低限の質問事項だけを記入できるのもチャットの魅力の一つといえるでしょう。

訪問

チャットサポートシステムは、実際の店舗や会社で行われる訪問対応以上のスピーディさをもって、ユーザーからの質問や意見を取り入れることも可能。

実名では聞きにくいことも、匿名なら気軽に質問ができますし、訪問対応に比べて時間がかからないため、企業とユーザーを迅速につなぎます。

また、チャットサポートを使えば、サイトのトップにチャットを設置するだけで接客としての機能も果たします。実店舗や企業では受付や接客担当がその役割を果たしていますが、チャットについても同じです。

サイトを訪問して、とりあえず担当者に質問してから目的を果たすといったユーザーも少なくないため、実店舗や企業の受付と同様の機能を備えることが可能。

チャットポートを使えば、個人事務所や個人事業主が運営するECサイトなど、あらゆるウェブサイトに特化できるので、接客の顔としてチャットサポートが活用できますね。

電話やメールで応対するよりもチャットをおすすめする理由とは?

チャットシステムを導入すると、どのようなメリットが得られるのかまとめています。従来の応対方法というと、電話やメールが一般的でしたが、あえてチャットシステムを導入することによってユーザー側にどのような影響が与えられるのか、詳しく理解することができます。

チャットシステムをWEB接客に利用するメリットの詳細を見る>>

LINEカスタマーコネクトなどの各種機能連携とは

従来のチャットシステムとは違い、最新のチャットシステムはLINEカスタマーコネクトなどの各種連携機能が充実。ただメッセージを送るだけの機能ではなく、CRM機能やアプリ連携機能と連携することについて詳しく解説しています。各種連携機能について詳しく知りたい方は必読の項目です。

LINEカスタマーコネクトやほかの機能連携について詳細を見る>>

連携機能の事例紹介

具体的に、チャットシステムを導入して成果をあげている事例を紹介したいと思います。

横浜市資源循環局

チャットシステムは全国の企業に導入されていますが、最近では自治体にも導入事例が確認されています。

横浜市資源循環局で行っているのは、AI技術を搭載したチャットを使用した「ごみの分別案内」。

捨てたいごみの名前を入力するだけで、ごみの捨て方や分別品目を教えてくれます。

また、手数料を知りたい場合には「捨てたいごみの名前+手数料」を入力すると、料金を計算して提示。

すでに実証実験を経て本格導入が始まっているため、電話による連絡相談などを行う必要がなく、気軽にごみの分別内容を知ることができるようになりました。

会話形式の表現にも対応しており、分別方法以外にも会話を通じて情報が得られる仕組み。チャットに不慣れなユーザー層にとっても親しみやすいシステムが人気となっています。

不動産仲介サービス

オンライン不動産仲介サービスでは、チャットシステムを使った各種物件探しを行っています。

ユーザーが借りたい物件の家賃やエリアなどの条件を入力することで、チャット(担当者)からおすすめの物件情報が届くといった、今までにはない新しい提案のかたちを実現。

気になる物件が見つかればそのまま返信し、内見のスケジュールをその場で決定することも可能です。

ユーザーは不動産会社に足を運ぶ必要がなく、電話やメールによる連絡の手間すらも省くことができるので、時間がなくても物件探しを効率的に行うことができるのです。

もちろんチャットはすべてリアルタイムで行われるため、少し空いた時間にチャットを使って部屋探しができるという、手軽さが人気を集めています。

コールセンター

最近ではコールセンターでもチャットシステムを導入するところが増加。

ユーザーにとっては、時間を押しての電話による問い合わせは手間がかかりますし、担当者にとっては電話を1本ずつ受け付けるため、ある程度の時間がかかってしまいます。

しかしチャットシステムを導入することで、低コストでのリアルタイムの応答が可能となるため、コール件数が減り、ユーザー側も効率的に疑問を解消することが可能。

チャットシステムはまさに、コールセンター全体の業務効率化に活躍するだけでなく、ユーザー側の満足度も向上させてくれるサービスといえるでしょう。

チャットシステムを自社開発するとデメリット面のほうが大きい理由

チャットシステムを自社開発することによって起きてしまう弊害などをまとめた項目です。チャットシステムを作る方法などもまとめていますので、チャットシステムを利用する上で読んでおきたい項目です。

チャットシステムを自社開発するデメリットとは…詳細を見る>>

チャットサポートシステム導入者の声

チャットサポートシステムは個人の運営するサイトから自治体まで、さまざまな場所で活躍しています。実際にシステムを導入した人の声をまとめました。