チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

チャットシステムサービスを提供している会社をまとめました。

TOP » チャットサポートシステムの基礎知識

チャットサポートシステムの基礎知識

チャットサポートシステムとは、チャットを使ってユーザーの買い物や問い合わせを手助けするシステムのこと。チャットというと、オンラインでメッセージをやり取りできることが特徴的なコミニュケーションツールですが、この仕組を利用したのがチャットサポートシステムです。ビジネスの場で使うことによって、従来の接客とは一風変わった接客を行うことができます。

チャットサポートシステムの詳しい説明文は以下のリンクをクリックすることによって読むことができます。チャットシステムを導入しようと考えていた方は必ず読んでおくべき項目ばかりです。

チャットシステムの仕組みや接客術とは?

チャットシステムとは、そもそもどういったシステムであるのか解説しています。また、チャットシステムを利用することによってどのようなWEB接客術が使えるのかなどもまとめています。チャットシステムを導入してWEB接客を行いたいと思っている方は必読な項目。

チャットシステムとはどういったものか詳細を見る>>

電話やメールで応対するよりもチャットをおすすめする理由とは?

チャットシステムを導入すると、どのようなメリットが得られるのかまとめています。従来の応対方法というと、電話やメールが一般的でしたが、あえてチャットシステムを導入することによってユーザー側にどのような影響が与えられるのか、詳しく理解することができます。

チャットシステムをWEB接客に利用するメリットの詳細を見る>>

LINEカスタマーコネクトなどの各種機能連携とは

従来のチャットシステムとは違い、最新のチャットシステムはLINEカスタマーコネクトなどの各種連携機能が充実。ただメッセージを送るだけの機能ではなく、CRM機能やアプリ連携機能と連携することについて詳しく解説しています。各種連携機能について詳しく知りたい方は必読の項目です。

LINEカスタマーコネクトやほかの機能連携について詳細を見る>>

チャットシステムを自社開発するとデメリット面のほうが大きい理由

チャットシステムを自社開発することによって起きてしまう弊害などをまとめた項目です。チャットシステムを作る方法などもまとめていますので、チャットシステムを利用する上で読んでおきたい項目です。

チャットシステムを自社開発するデメリットとは…詳細を見る>>

エムトーク(アルファコム株式会社)

「エムトーク」は、どんな人でもわかりやすい操作画面が特徴です。
込み入ったシステムだとオペレーターが操作にとまどって作業効率が下がってしまいますが、シンプルで使いやすい画面なので誰でも扱えます。
LINEとの連携が可能で、LINEから企業にも手軽にレスポンスできる点も魅力です。

zopim(zendesk)

システムの導入を手軽に行える「Zopim」は、チャットシステムを起動させたい画面にタグを貼り付けるだけで使用できるので、オペレーターの負担にならず業務効率化が図れる点が魅力のひとつです。
初期設定やカスタマイズについても手厚くサポートしてくれるので、運用スタッフの人件費なども必要ありません。
費用は機能によって異なりますが、2,000円弱から7,000円前後と手頃な上に、30日間の無料トライアルも利用できます。

ライブエンゲージ(ライブパーソン)

ライブエンゲージは、使いたいと思ったらすぐその日から開始できるほど操作が簡単なのが特徴です。
導入させたいページにタグを埋め込むだけという手軽さは、フットワークの軽い企業にも十分対応できます。
導入費用は初期費用が無料、月額費用は144,000円~。

リモートアテンド(NTTテクノクロス)

リモートアテンドはSNSと連携することができるため、ユーザーがインターネットを利用しながらチャットできるのが特徴です。
SNSを利用しているユーザーからの集客も見込めるなど、付加価値の高いチャットシステムです。
導入費用は初期費用12万円、年間利用料1席82,000円。

FastHelp5(テクマトリックス株式会社)

FastHelp5は、システム内で顧客の電話番号やメールFAX番号などの情報を一括管理できるのが特徴です。
コールセンターがどのような体系だったとしても、FastHelp5を利用できます。
国内の大手企業が数多く導入している点もポイントです。
利用形態や環境によって価格が異なるため、見積もりを出してくれるとのこと。

mobi(mobius)

mobiのチャットシステムは、セキュリティが非常に高い点が特徴です。
個人情報のやり取りが行われるかもしれないチャットシステムでは、顧客情報を守ることはとても重要。
大手企業にも導入されている信頼度の高いシステムです。
費用は、初期設定が100,000円~、利用料は1IDにつき12,000円~。

Live800(株式会社アクイル)

Live800はスマホにも対応していることや、ユーザーと話した内容や会話数などを分析管理できる点が特徴です。
また、ユーザーからの評価をもらえる機能もついているので、サービスのクオリティ管理しやすい点もポイント。
価格は1ライセンスあたり15,000円~/月。

Chamo(株式会社チャモ)

Chamoでは、オンラインのユーザーに対して顧客の特定を行い、訪問数などを考慮した上で自動で声がけをしてくれるという優れた機能があります。
導入方法も非常に簡単なので、導入に時間を割くことなく業務が止まってしまうことがないという点も特徴です。
導入費用は、初期費用が無料、スタンダードコースの場合24ヶ月契約で1IDにつき1ヶ月4,980円から。

Live Chat Support(株式会社ベルシステム24)

Live Chat Supportには、ベルシステム24が培ってきた30年分のナレッジが詰まっています。
創業35年の老舗であるベルシステム24のコールセンターの知識がたっぷりと詰まっているので、どんな事例も解決でき、高い顧客満足度を得ることが可能です。

チャッツ(株式会社 イー・ビジョン)

パソコンだけではなく、スマホやタブレットからもアクセスできる「チャッツ」は、幅広いユーザーの集客に対応しています。
ブラックリスト機能があるので荒らしやいたずらをシャットアウトでき、快適な利用ができる点も特徴です。
導入費用は、初期費用が9,800円、月額費用が1契約3名まで7,000円。

KARTE(株式会社プレイド)

KARTEは、アクセスした顧客を特定し、一人ひとりに合った対応ができるほか、サイトに来ている人に応じた広告やキャンペーンを表示させることができます。
そのほかにもさまざまな機能が用意されているので、目的に合わせたチャットの運用が可能です。
月額98,000円のほか、初期導入費用がかかります。

flipdesk(Supership株式会社)

flipdeskは、パソコンやスマホなどのマルチデバイスに対応しているほか、豊富な機能で企業に合わせた運用ができる点が特徴です。
導入費用はコースによって異なり、ベーシックコースであれば150,000円、月額費用は10万PVごとに5,000円。